Maker ガバナンスエピソード45の7個の重要な点:2019年8月9日

  1. Maker Foundationはより一層の透明性の確保に努めています。MCD開始前に行われるべき事とスケジュールに関しては近日中に発表します。スケジュールは変更する可能性があります。(Rich)

  2. リスクとMakerDAOの両方の観点から拡張性(Scalability)の課題があるため、資産の優先順位リストを決めることが重要です。リスクチームは、何に最初焦点を当てるべきかを伝える必要があります。アセットプライオリティ投票は、今後さらにオプションが追加される予定です。(Cyrus)

  3. 1つのアセットを評価するのにかかる平均時間については、チームの規模に依るため算出が困難です。現在、チームはVishesh、Primoz、および私です。 ETHリスク評価を構築するために協力しており、それには時間がかかります。フレームワークは現在構築されています。仮に効率よく進んだ場合、数週間かかる見込みです。 (Cyrus)

  4. UIに関する最新の改善点は、MKRの所有者が、イベントをEmitするだけで投票できるようになった事です。ウォレットは、MKRを保有している場合、または投票代理契約を通じてMKRを保有しているウォレットにリンクされている場合のみEmitできます。(ChrisB)

  5. 投票の詳細は、分散型の方法で検証可能になりました。を参照してください。(ChrisB)

  6. 今後のシグナリングガイドラインアセットプライオリティポールThe Asset Priority Pollの形式に関するコンセンサスを求める新しいスレッドをハイライトしました。(David)

  7. Daiは安定していますが、需要は低下しています。需要を刺激するために何ができるかを考えることが重要です。 (Vishesh)

私の考え:

  • 前述のように、ガバナンスは進行中のプロセスです。最新のUIの変更は、投票を容易にしました。これからも、改善するためにできることがあれば教えてください。

  • 分散型の方法で個々の資産の定性的評価と定量的モデリングに焦点を当てているため、リスクチームが克服しなければならない大きな課題と仕事を多くの人が理解できていません。このデータと分析はすべて、Maker Governanceによって公開され、議論され、投票される必要があります。中央銀行がそのような決定を下すことをなかなか想像することはできません。

  • Daiは安定したままですが、需要は弱まりました。Visheshは、対策を考えすることが必要と言いましたが、コミュニティがそれについてどう考えているのか興味深いです。