Maker ガバナンスエピソード46の7個の重要な点:2019年8月1日

ガバナンスエピソード46の7個の重要な点:2019年8月1日

Youtube:
https://youtu.be/aUvfcEgt0o4
Podcast:
https://soundcloud.com/makerdao/ep-46-governance-and-risk-meeting?in=makerdao/sets/governance-and-risk
Forum:
https://forum.makerdao.com/t/scientific-governance-and-risk-thursday-august-1-9am-pst-4-00-pm-utc/218

  1. ガバナンスは進行中のプロセスです。世論調査がどのように行われるかは、コミュニティによって決定されます。議論とSignalはフォーラムで行われており、それはさらに5日間続きます。(Rich) Meta Governance: Signal Requests

  2. スレッドのハイライト:(David)

  • 一部の投票は最新のものではないため、継続承認投票(Continuous Voting)は問題になる可能性があります。
  • Dai bot似たようなガバナンスbotを作成することについての議論
  1. Data Analysis (Primoz)
  • 300万〜500万台のDaiが使われており、これは総供給量の5%に相当し、ETHの約2%に匹敵します。

  • 担保が減少しました。これは、ETH価格が上昇するにつれて、利益を確保するために、大規模CDP保有者(チャットの紫色の10Kから100K、ブラウンの100K以上のグループ)がETHを手放しているからです。

  • レバレッジ - どの程度のETHがつかわれますか?(CDPにETHを担保としてDaiを発行 -> 発行したDaiをETHが買って -> 買ったETHがCDPを使ってもとのDaiを発行) (Leveraging behavior - how much ETH is brought back on leverage?) 20〜30%

  • セカンダリー、CEX、DEX等:さまざまなカテゴリーで分析されました

  • ソーシャルメディアとDaiとMKRに関するセンチメント

  • その他の良いチャートには、ロックETH値による清算配分、ETH価格に対する平均清算価格、名目上の担保比率、およびロックETH値によるフリーの配分が含まれます。

  1. Makerの担保比率の上昇は、SLPの使用量の増加と一致しています。 Secondary Lending PlatformはMakerよりもリスクの高いローンを引き受ける可能性がありますが、さらに調査が必要です。(Vishesh)

  2. 投票の期限の問題を解決しなければなりません。債務限度額の議論も早めに行う必要があります。(Matthew)

  3. 新しいガバナンスポータルは最も早くて翌週に開始される予定です。そこでは指数関数的なSFの変化、投票の頻度と流れの話について進めることができます。(Rich)

  4. 私たちのエコシステム、あるいは暗号通貨の世界に問題があります。 ETHアドレスには電子メールアドレスが添付されていないため、通知ができません。(Rich)

1 Like

以下は私の考えですが、皆さんガバナンスについてどう思われますか?

  • コールでより多くのデータが提示されるのは素晴らしいことです。データを理解して利用することで、コミュニティとして、情報に基づいた決定を下すことができます。

  • ガバナンスが新たな進行中のプロセスであることについてRichが述べました。彼はこの経験全体がどれほど謙虚で面白いかを私に再び思い出させてくれました。私たちは一緒になって、大変な仕事である、非許可型プログラマブルマネーの未来を創造していますが、それを実現させていきます。

  • Matthewが示唆したように、問題のいくつかはすぐに解決されなければなりません。新しいガバナンスポータルの導入を期待しています。