Makerガバナンスエピソード49の5個の重要な点: 2019年8月23日

  1. 6:13 ガバナンスの3つのモデルに関する議論:Canonical source of truth model、Manual model, and Iterative model. 詳細については、リンクを参照してください。
    ガバナンスは繰り返しのプロセスであり、これは単に前進するための最善の方法をまた探してている最中ということですが、コミュニティが正しい方向に導いてくれることを期待しています。Foundationとして、急な変更は生態系に影響しますので、急進的な実験はするべきではありません。ガバナンスは、時間の経過とともに少しつつ改善することが必要です。
  2. 13:45 フォーラムの総括 [Results] 担保資産優先度調査-2019年8月19日 結果について意見をフォーラムに共有してください。
  3. フォーラムの総括: MakerDAOの目標:短期+中期+長期
    MakerDAOの短期、中期、長期の目標を定義しようとする提案。このような目標を達成することができますか?このプロセスを誰か主導すべきですか?
  4. 53:22 Visheshのデータ分析
  • ETH価格の下落により担保が増加

  • 供給は76-78MMのまわりで比較的安定しています。

  1. 01:13:02: SCDをMCDに移行する際に、移行コントラクトにより、MCDDaiからSCDDaiへの変換もできます。したがって、大幅な価格差がある場合、2つのDaiの間で調整を行うインセンティブがあります。(Lasse)
2 Likes

ガバナンスは反復的かつ継続的な学習プロセス

前にもお伝えしたように、Makerのガバナンスは進行中プロセスであり、ガバナンスとリスク管理の観点から最善の方法を見つけようとしています。日本だけでなく世界の他の企業にとっても、これは明らかに一般的な慣習ではありません。

Maker Foundationは、Daiが公平な世界通貨として使用される分散型システムを構築するという非常に難しい課題に取り組むため、新しいアプローチを使用しています。進行中の学習プロセスは少し変わっていて、もしかしたら一部の人には初めは無責任にも見えるかもしれません。しかし、我々が達成しようとしていることを理解するために、一度少し時間を割いてもらえたら、それだけの時間を費やす価値があると思うようになるでしょう。

1 Like