Maker ガバナンスエピソード52の6個の重要な点: 2019年9月12日

  1. ガバナンスファシリテーターの役割は99.9%で承認され、リスクチームの任務は100%で承認されました。

  2. MKR保有者はSFを引き下げ続けています。これは、欲張っているためにSFを高く維持するのではなく、金融政策の効果的な管理に関心があることを示しています。これは、今年SFが上昇し始めたときに繰り返された批判でした。

  3. TUSD-担保としてMCDに追加
    TUSDのチームは、最初の担保オンボーディングフォームに記入しました。 MCDの担保としてTUSDを採用しますか?その場合、長所と短所は何ですか?

  4. オラクルは、Maker Foundationからの段階的な分散化のコミットメントの一環として、ガバナンスに引き継がれることが計画されていました。特に、最も分かりづらい提案は、インセンティブについての提案だと思います(下の図を参照)。

フィード:資産の価格更新をしているボットを実行している個人。

オラクル:他のスマートコントラクトが価格を参照できる、オンチェーンのスマートコントラクト。

ホワイトリスト:オラクルから価格を読み取ることができるガバナンスが管理するスマートコントラクトのリスト。

オラクルはフィードから入力を受け取り、中央値を公開します。

  1. 最初の重要な教育的トピックは、DSRの由来と作成方法です。(Cyrus)
    DSRには、Daiを発行し、外的要因に関係なくユーザーに提供する機能があります。一見、これは不安要素のように見えますが、実際には、DSRの量は、収集された安定化手数料を相殺されます。そのため、DSRを支払う十分なSFがない場合、DSRは不良債権として記録され、損失を補うためにMKRの希釈を引き起こします。最終的に、DSRはSFからMKR保有者によって支払われます。

  2. Visheshの分析
    私たちがSFをどれだけ下げているかに注目することが必要です。なぜなら、Dai価格は今のところうまくいっているけれども、突然の強気相場を見れば、Daiのセカンダリーレンディングレートがすぐに反応するというかなりfluid(変動幅が広い)な状況です。

英語版のまとめはこちらです:
https://community-development.makerdao.com/governance/governance-and-risk-meetings/summaries/episode-52

1 Like