Makerガバナンスエピソード56 (特別ゲスト:ルーン・クリステンセン) 2019年10月10日

複数担保型Dai(MCD)の予定日を発表した後、ルーンがコメントした概要は以下の通りです。

  • DeFiはパーミッションレスで、透明性が高く、分散化なのが特徴です。金融包摂、十分な金融 サービスを受けていない世帯、および貧富の差の問題に取り組もうと思ういます。 Makerがしていることは、DeFiを通して、誰もが平等にアクセスでき、すぐに始められるより良いシステムを構築することです。

  • WirexのクリプトデビットカードであるCoinbaseなどの取引所を通じて、クリプトと現実世界のクロスオーバーにより、高レベルの流動資産がクリプトのスペースに流入することがわかります。

  • 今後の課題はMCD規模を拡大することです。 Makerはそれを実現するために、
    1.現実世界の規模をDeFiエコノミーにもたらします。
    2.ブロックチェーンを使用してレガシー金融システムをアップグレードします。

  • 経済全体にサービスを提供するためには、供給側での現実世界の資産のトークン化により、1兆ドルを超える規模の供給を得る事ができます。

  • 合成資産(Synthetic assets)は、需要側での規模を拡大する方法です。これがあらゆる種類の需要に対応する方法であり、金融​​サービスを使用するケースを含みます。これには、EuroDai、YuanDai、YenDaiなど、さまざまな現地通貨に固定された他の安定通貨が含まれているため、バックエンドでテクノロジーが見えない未来に近づくことができます。

  • 規制について:
    Makerの担保として現実世界の資産を確実に保持したい場合、それを行うことの規制上の影響を完全に理解し、情報を把握する必要があります。

  • 最も影響力のある法域全体の多様化に焦点を当てることは、政治および規制上のリスクの管理に役立ちます。法律と財産権の基準で堅実な実績がある国は、 リスクが比較的低いです。

Q&A
質問:STOについてのリスク
ルーン:新しいトークンを担保としてオンボーディングするには、法的リスクのレビューが必要です。
主な関心事の1つは、トークンが原資産と引き換えられる状況にどのように対処するかです。厳密なコンプライアンスプロセスを実行する必要があります。もう1つの大きな課題は、これらの資産を管理するマネーロンダリング防止規制への対処方法です。

質問:予定日までにいくつの機能を準備する必要がありますか?
ルーン:より広範なガバナンスは、立ち上げて実行するのに時間がかかります。最初は、移行自体が優先事項です。私たちはそれを早くしたいです。エコシステムが大きいほど、アップグレードは難しくなります。リスクパラメータ、債務上限、清算率、担保タイプ、SFなど重要なことが最初に始めます。

https://forum.makerdao.com/t/agenda-discussion-scientific-governance-and-risk-w-special-guest-rune-christensen-thursday-october-10-9am-pst-4-00-pm-utc/609/2

1 Like