Maker ガバナンスエピソード58の概要: 2019年10月25日

Cyrus
移行のリスク
Global Settlementのスケジュールはありませんが、さまざまな安全上の理由で行う必要があります。私たちの目標は、ユーザーを率いることです。 Global Settlement / 緊急時シャットダウンはこの先いつか発生しますので、このことを理解する時間は十分あります。

  • ユーザーの移行を促す多くのMCDの利点があります。DSR、安定化手数料の削減、清算構造の改善、新しい担保タイプのサポートです。
  • さらに、新しいセキュリティ機能:オラクル・セキュリティ・モジュール、ガバナンス・セキュリティ・モジュール、緊急時シャットダウン。来週それらについてさらに説明します。
  • 移行のペース:これが遅すぎると、2つのDaiペッグとSFを管理しなければなりません。
  • また、移行の「終了」のタイミングについての質問もあります。90%または100%に達成しないかもしれません。完了に同意したら、いつものガバナンスサイクルに進むことができます。年末までに移行が完了して欲しいと思ってます。

取引

  • DEXからMKRの流動性を得てくるのは主にOasisですが、Uniswapやその他のDEXから流動性を得てくるオープンソースのアービトラージボットもリリースされます。

  • バックエンドでの取引の主要なアウトレットとして、最も流動性の高いDEXであるUniswapを使用しませんか?
    マーケットメーカーは標準レベル以上の流動性を提供することを計画しています。したがって、Oasisにはより高い流動性の提供するはずです。一部のCDPでは、平均より高いMKRガバナンス費用を払い戻す必要があります。スリッページの観点から流動性の提供を検討しました。取引量が多いこれらの例では、指値注文を使用する方が理にかなっています。

  • JoeQ:Uniswapでのフロントランニングに関する懸念もあります。価格の操作には細心の注意を払う必要があるため、ビッドとオファーのあるオーダーブックを使用することにしました。

  • より大きなCDPの場合は複数の市場でMKRを調達することを推奨をします。スリッページを減らし、一度にすべてではなく複数のまとまりで移行することも検討してください。

ガバナンス

  • Makerの全体的な使命は、SAIとDAIの両方の安定、整合させることです。

  • リスクチームは、移行リスクモジュールを公開します。戦略のパラメーターと正当化、安全性とインセンティブに完全に焦点を当てています。 SAI保有者、CDP保有者、二次借入人、および貸し手。供給ショックについて考え、金融政策が最重要事項であることを知っている。今後数週間で公開し、コミュニティのガバナンス調査を設定します。

担保リスクモデル

  • 一般モデルは、MCDスタート前の11月上旬に向けて順調に進んでいます。コミュニティに理解し、話し合う時間を与えてくれます。数週間で間違いなく実行可能になりますが、12月にモジュールについて議論することを目指しています。実際のガバナンスサイクルは1月に始まると予想しています。

  • ETH、BAT、およびSAIでの特別な移行コントラクトを伴うローンチの計画。 BATは、優先度投票で100%を占めて一番に選ばれました。 REPとZRXが検討されましたが、どちらもトークン・エコノミーの変化の最中です。 数か月に差し迫った変化を考えると、評価レポートを作成することは有効な時間の使い方のようには思えませんでした。

仮定上の移行サイクルのリスクパラメータ

  • DSRは、移行の種類によります。 DSRが高いほど、移行のインセンティブが高くなります。 2〜5%の範囲だと予想されています。

  • ETH(を担保としてのDaiを発行)手数料は、決定するのが難しいです。 SCD SFとCompoundレートの間に、2.5%のリファイナンスインセンティブが閉鎖されずに数週間続いた状況があります。ここでCDP所有者のインセンティブを決定するのは難しいため、追加の調査を行います。他の担保比率は考えていましたが、後で再確認します。

  • SAIについて、私たちが考えていることの1つは、流動性と、移行のための債務上限の十分な余地です。特に流通市場の移行について考えています。もう1つの選択肢は、SCDの債務上限を徐々に下げて成長をしないようにすることです。

ガバナンスの緊急時対応計画

  • 機敏な状態を保つ必要があります。 1つのアイデアは、必要に応じて、コールの頻度を増やすことです。コミュニティが必要なら、週に2回行うことができます。

  • ローンチから48〜72時間後に、監視するために召集する必要があります。今後は、ガバナンスコールをより頻繁に利用できるようにする必要があります。

  • また、緊急のGlobal Settlementの可能性があります。 「未知の未知」に備え、頭の片隅に置いておく必要があります。その頻度は、私たちが皆んなで合意に達することができるものです。

Wouter

技術更新

  • ほぼすべてのコントラクトが3つの独立した監査で正式な検証を完了しています。 。 Trail of Bitsレポートはブログにあり、すべての問題を確認できます。致命的または重大度の高いものはありません。 Peckshieldも使用していて、重大度の高い問題が1つ見つかり、その詳細はレポートで確認できます。

  • 「ランタイム検証」は、さまざまなコントラクトのビジネスロジックの高レベルモデルを構築しています。基本的に、正式な検証方法を使用してビジネスロジックに誤りがある場合はそれを見つけ、検証をより堅牢にします。これは、ローカルレベルを使用する正式な検証の制限に関連していますが、他のコントラクトの相互作用は考慮していません。そのため、複数の監査を使用しています。ローカルレベルでは、どちらのパートナーも問題を抱えていませんでした。しかし、彼らはコントラクト間の相互作用に起因するいくつかの問題が見つかりました。ランタイム検証では、コントラクトの相互作用のための正式な検証方法を開発したいと考えています。

  • お金を払わずにCertoraはコントラクトのテストを行いましたが、、他の監査でも同じ問題が見つかりました。彼らは独自にそれらを報告してくれましたバグバウンティは7月に始まりました。熟練したハッカーが発見した3つの重大な問題とと1つの致命的な問題を見つけてくれました。 9kの賞金を支払いました。予想以上に良くなっています。 HackerOneで公開されているバグを確認できます。開発の正確性チェックは毎週改善されます。

質問

  • SAIを段階的に廃止するためのCompoundとの会話がありましたか?
    答え:Compoundは、彼らの戦略についての短いブログを投稿しました。グローバル決済が発生するまで、サイを段階的に廃止しません。 DeFiシステムに、最終的にそれがいつ起こるかを調整するための十分な時間を与える必要があります。

  • 1つのコントラクトにSAIがあり、移行コントラクトを通じてSAIをDAIに移動するとします。だから今、私のDAIはSAIによって担保されています。 SAIがGlobal Settlementに達するとどうなりますか。SAIは現在、無担保ですか。
    答え:SAIはETHに対して請求する権利があるため、それは確かに無担保ではありません。したがって、その場合、DAIはより多くのETHによって担保されます。 ETHがSaiを裏付けているいるため、Global Settlementが発生する前でもです。

    • Andy:単一のSAI CDPに含まれるSAIは、移行が行われると吸収されます。 sCDPからmCDPに移行すると、SAIは移行CDPから取り除かれ、sCDPの支払いに使用されます。新しいmCDPから作成されたDAIは、移行CDPの返済に使用されるため、バランスが取れて0になります。
    • Cyrus: SAIを移行プールに戻すことにより、SAIを移行プールで維持するというエッジのケースがある場合、Global Settlementの前に移行コントラクトのSAIを空にし、債務上限を下げることも役立つでしょう。

https://www.youtube.com/watch?v=rKq4J4bKndc&list=PLLzkWCj8ywWNq5-90-Id6VPSsrk4OWVan&index=1
https://forum.makerdao.com/t/agenda-discussion-scientific-governance-and-risk-thursday-october-24-9am-pst-4-00-pm-utc/686/3

1 Like