Makerガバナンスエピソード59の重要な点: 2019年10月31日

  1. Makerの知名度が上がり、注目が集まるにつれて、ガバナンスシステムの金権主義に関連するSNSからのコメントが増えてきました。これらの1つは、「大口投資家がMakerDAOエコシステムを制御している」ということです。それに対して、理解する必要があるものがあります:Makerのガバナンスシステムは民主主義よりも、インセンティブ主義に設計されています。「注:システムは分散型であるため、参加者の各グループがシステムを管理および保護、奨励するように設計されています。ガバナンスシステム自体は民主主義ではなく、インセンティブ主義と表現の方が近いです。」(Rich)

  2. 投票者として、あなたの投票が重要でないと思うなら、それは間違っています。このシステムは、投票と影響力が重要であるという信念を持って行動する人々によって管理されます。すべての投票が重要な理由の例:SFを9.5-> 5.5から〜1500 MKRのステークで変更しました。これは、基本的にDeFiエコシステム全体を動かすにはとても小さなステークでした。投票しなければ、誰かが投票します。投票する人がエコシステムを制御します。中間レベルの所有者は多く、システムの方向を決めるのにそれほどステークはかかりません。ガバナンスシステムの利点を示すために、この「自分の投票が重要でない」の意識を変えましょう。(Rich)

  3. Saiの保有者は、特別な移行コントラクトを使用して、すぐにDaiを変換できます(手数料のない特別なCDPと考えてください。その後、彼らはそれに対してDaiを発行することができます。これで、Saiの代わりにDaiを保持しているSai保有者とって、移行コントラクトのプロセス全体が完了しました。その後、CDP所有者が来て、その移行コントラクトの流動性を使用してCDPをValutに移行できます。 SFの返済にはMKRが必要です。 UIはバックエンドで購入できます。(Cyrus)

  4. 移行コントラクトの利点の1つは、市場と取引所以外で行われることです。そのため、ユーザーはDAIの購入と決済を行ったり来たりするスリッページを負う必要がありません。(Cyrus)

  5. Global settlement はすぐには発生しないと思われますが、それを引き起こす可能性のあるリスクがいくつかあります。(Cyrus)

  6. リスクの種類:(#1、6、7、および8についてはフォーラムを参照)

    • #2 移行が早すぎる場合
      新しいプロトコルを起動する際には、ある程度の不確実性があります。同時に大規模な移行が行われている場合、必要な変更を修正することは難しくなります。 SAIの保有者がCDPの所有者よりも早く移行する方が良いでしょう。
    • #3 セカンダリプラットフォームの移行
      マーケットメーカーは、移行プロセスがスムーズに進むようにセカンダリプラットフォームと協力しています。
    • #4 移行コントラクトにおけるSaiの流動性が不十分
      初期の数週間は、Saiの流動性が十分にあるでしょう。少なくなるまでに、システム全体のリスクが低下すると予想します。Saiの保有者は、CDPの所有者よりも少し速いペースで移行する必要があります。DSRとSFのスプレッド(利回り)は、インセンティブとして設計できます。大きな問題になるとは思いませんが、これを覚えておく必要があります。
    • #5 取引所の流動性
      シナリオ:Saiの流動性は少なくなり、Saiを失う、買いだめ攻撃
      マーケットメーカーは、脅威が本物であると信じている場合は、介入してSaiを生成することができます。これは誰もが認識すべきリスクです。Global settlementを行う可能性があります。ただし、買いだめ攻撃がGlobal settlementを引き起こしたとしても、CDP保有者はETHを取り戻すだけです。(Cyrus)
  7. 質問:PurityDaiスレッドは最も興味深いものです。 SCDを無期限に開いたままにしておくことができない理由?
    Cyrus:
    答え:特に追加する新しいセキュリティモジュールでは、SCDはMCDほど安全ではありません。 MKRコミュニティはGlobal settlementを延長するために調整できますが、リスクを認識しなければなりません。(Cyrus)

https://www.youtube.com/watch?v=KrutexQ0Cs4&list=PLLzkWCj8ywWNq5-90-Id6VPSsrk4OWVan&index=1
[Agenda/Discussion] Scientific Governance and Risk - Thursday, October 31 9AM PST (4:00 PM UTC)