Makerガバナンスエピソード60の重要な点: 2019年11月7日

Cyrus:

  1. リスクは、SAIを調達するCDP所有者だけでなく、移行コントラクトを使用しないかもしれないセカンダリープロトコルのユーザーにとってのSAIの流動性です。公開市場でSAIを調達することは、これの開始時には問題ではありません。ただし、最終的に、SAIの流動性が枯渇すると、緊急時シャットダウンを引き起こす必要があります。移行リスクのより包括的な概要については、先週のガバナンスコールの概要をご覧ください

  2. 担保オークション- キーパーが担保に入札する
    余剰オークション- キーパーがMKRをDaiに入札
    負債オークション- キーパーがDaiをMKRに入札

Vishesh:

  1. 債務上限に達して、供給が激増しました。 11月4日以降、約1,000万ドルのDAIが発行されました。借入総額は大幅に減少し、DyDxとCompoundの間で1300万ドルになりました。4日と6日のいくつかの大規模な発行は、市場に直接進出しませんでした。それについて質問があります:
  • どのように使用されていますか?
  • ユーザーが移行のためにそれを保持している可能性があります。
  • 現在行われていることのすべてが借り換えによって説明できるわけではありません。
  1. DAIの大規模な発行にもかかわらず、価格がすぐに下がることはありませんでした。これは、新しいDAIが市場に出ていないことを示しています。ペッグは多かれ少なかれ安定しており、取引所全体のボリュームはそれほど多くありません。

  2. Richからの質問:ユーザーが次のSai不足から利益を得ることができると思っているので、ユーザーがDAIを発行しているとしたらどうでしょう?債務上限が継続的に上昇する中で、私たちはこの機会を与えていますか?
    Visheshの答え:借り換えのためだけのものではないようです。ある程度の買いだめが行われている可能性があります。 「不正行為」は正しい言葉ではないかもしれません。利益追求と懸念とリスクの組み合わせだと思います。Saiの需要が急に増えたのは偶然ではありません。移行が近づいているので、無関係ではないようです。ただし、インセンティブと理由を推測するのは難しいです。これらの取引(ETHのDAIなど)は、過去により迅速に行われましたが、データは、DAIが市場で売れなかったため、いくつかの買いだめを示しています。

https://www.youtube.com/watch?v=G8ga8vjMWkw

[Agenda/Discussion] Scientific Governance and Risk - Thursday, November 7 9AM PST (5:00 PM UTC)